【ゴーストオブツシマ】叔父上がゆなに濡れ衣着せようとしたのは親心もあってのことなのかもな


433: ID:OmepDdmnp.net
ゆなに濡れ衣着せようとしたりクッソ陰湿な叔父上
仁とは違って民はどうでもいいのか

 

400: ID:Jp65Jv3cd.net
濡れ衣作戦は誉れおじ自身の誉れシステムを肉親への情で何とか誤魔化そうとしてた感じ

 

401: ID:dFLZ7HNe0.net
志村は最初は誉れ誉れうるさいと思ってたけど ゆなと毒の件で考えを改めたな
志村が仁に誉れを押しつけるのは 武士の誉れを守るだけじゃなく 戦争後に仁が将軍に認められて平和な対馬で幸せに生きられるようにって打算もあるってのがあのシーンで分かった
それってすごく人間的だし親だよな

 

657: ID:yjwAnKtz0.net
>>401
若い頃は本当に強く正しかったのかもね
子の為に良くも悪くも歪むのは現実的で自分と照らし合わせてしまう

 

405: ID:cva2w+u9d.net
誉守らないと鎌倉から咎められるんだから仕方ないだろ
叔父上もあの場面では誉を捨てて仁を取った
あれが愛やで

 

407: ID:Jp65Jv3cd.net
毒酒じゃなくて施設の破壊工作レベルならセーフ判定もらえたのかな

 

409: ID:QTUxgrI10.net
志村がそこまで政治的に汚いことしてる描写もないから何とも言えんのよね。石川先生みたいな偏屈な老害だったらよかったのに



 

415: ID:kuHPf0/+M.net
>>409
叔父上は有能な中間管理職だろ
職責のため仁を切り捨てなければならないことを悩み抜いてそれでも決断した

 

397: ID:ftfHKjnAM.net
叔父上の誉れはビジネス誉れ

 

408: ID:bW+gjPxM0.net

>>397
言ってることも要は為政者として隙を作るな
ってことだからね

それ自体は間違ってはいないんだが、政策が立派な為政者を演じれば人は着いてくると飛躍してる節があるんだよな

 

418: ID:c0ob7FxN0.net
ビジネスだと最後仁に殺してくれとは言えなさそうだけど
あれは息子を殺そうとした罰とか赦しを求めたのかもしれないな

 

元スレ:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/famicom/1596460754/

ゴーストオブツシマまとめの最新記事

15 件のコメント

  • 叔父上は少々頭が硬いものの、誉れ高い武士なのは分かるし嫌いじゃない。誉れビンタや濡れ衣のシーンは幻滅したけど、そうなってしまう程、仁が大切だってことなのだろう。

  • 最期に短歌を詠み終わった仁が覚悟を決めて太刀を取るとほぼ同時に叔父上も太刀を持って立ち上がったとこすき

  • 最初は誉れ誉れとうるさいだけに感じるけど、誉れにこだわってた真意に気付くと見方変わってくる

  • 「武士」ってそういうもんだしなあ。
    民を守るのを本分としつつも、平民と武士の間には絶対の壁がある。
    武士、しかも自分の近い人間を守るためなら平民一人の犠牲なんてなんのそのよ。
    それをゆなに押し付けるってのも「え?仁にとってそんな平民が大事だったの?だって平民だぞ?」という
    身分の違いの価値観がある。
    普通に考えたら親しい友人に罪をかぶせるなんてアホな提案しないけど、平民だから通ると志村は思ったわけだな。
    仁はゆなと接して価値観変わってたから仲違いとなった。
    多分、昔の仁なら「平民一人の犠牲はしゃーないか」と思ったはず。

  • クリアして志村伯父上が誉にこだわるのも納得はしたけど、考えとして納得はできなかったな。どれだけ誉れ高かったからといっても治める領地と民がいなければ武士が存在する意味がないわけで、単純に自己満足や保身のために誉れって言ってるような感じがしてしまう。仁のやり方で民に恐れられてもその後認識は改められるかもだけど、その前に恐れられる民すらいなくなっちゃあねえ。

    • ゆなが言ってたように武士も平民から物を取っていく側だからね
      誉れの精神はいいんだけど脳筋で人を死なせるだけなのはいただけない
      仁が作中で感謝されることばかりで恐れられることは少ないのもな

    • 既にあの時代から、こうあるべしみたいな部分はあった
      結構、内部でのゴタゴタもあったが、御成敗式目っていう武士間での法令ってのが幕府から出されて久しいって感じの年代が元寇時点での社会なんだ

  • 武門として積み重ねた練武を示せ日々の鍛錬は何の為の物だ
    誉れを俺なりに説明するとこんな感じ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。