【MHW】アップデート4.01配信!歴戦古龍クエストの調整があるど


モンスターハンターワールドのアップデートファイルVer4.01が配信されました!歴戦古龍クエストの抽選関連の仕様が目を引きます

・アップデートVer.4.00にてナナ・テスカトリが追加されたことに伴い、危険度3の調査レポートから抽選される調査クエストに登場する歴戦の個体の古龍の抽選確率を見直しました。

・歴戦の個体の古龍ごとに調査クエストの特別報酬枠の個数判定に用いる内部パラメータに差異を設けていましたが、もっとも内部パラメータが高かったヴァルハザクを基準に、他の歴戦古龍も同じ値にすることで全般的に危険度3の調査クエストの特別報酬枠が抽選されやすくなりました。
※この修正によりアップデートVer.4.00より前から所持していた危険度3の調査クエストの特別報酬枠が増えることがあります。
※歴戦の個体のヴァルハザクの特別報酬枠の抽選確率は以前と変わりません。

・HR100以上のプレイヤーが集会エリアの検索で「おまかせ」を使用したときの検索条件を緩和しました。
(HR100以上なら、HR100~999までのプレイヤーが作成した集会エリアが検索でみつかるようになりました)

・海外言語の調査クエストの名称決定ルールを日本版と同様のルールに見直しました。
調査クエスト名称から、どのモンスターが対象なのか、狩猟なのか捕獲なのか、わかるようになります。
(修正対象:英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、ブラジルポルトガル語、ポーランド語、アラビア語)
英語修正例:
Slaying Investigation → Slay: Great Jagras
Hunting Investigation → Hunt: Great Jagras
Great Hunting Investigation → Hunt: Great Jagras, etc.
Capture Investigation → Capture: Great Jagras
・アジア版の繁体字とロシア語のカスタマー案内に誤字がありましたので修正しました。
・その他、一部不具合を修正しました。

モンスターハンターワールド公式サイト


ゲームまとめ | モンハンワールドの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。